皆様へのご報告

11/7の自主企画イベントを持ちまして、ココニカカルのDr.ナカツカルイとBa.りょっけの二人が脱退する運びとなりました。

3人での再始動をした矢先でのご報告になりすみません。

以下、メンバーからのコメントになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Dr.ナカツカルイ

私、ナカツカルイは11月7日のライブを最後にココニカカルを脱退します。

きっかけは2017年の7月頃、再始動に向けてのメンバーと私個人の意見が擦り合わず状況が動いていったことや、ボーカル不在の半年間で音楽と人生への向き合い方が変わったことでした。

誰のせいにもせずに自分で責任を持てることはなんだろう、
ウソをつかずに、誠実に音楽と生きていくのはどうしたらいい、
本当にやりたいことはなんだろう
と、ずっと考えていました。

そしてそれは、バンドを離れて一人のドラマーとして活動していきたいという答えに至りました。

僕の意思を告げたことにより、Ba.のりょっけも同日脱退することが決まってしまいました。
応援してくれている皆様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
好きな時間を奪ってしまってごめんなさい。

TATSUKIと一生続くようなバンドもっかいやろうぜ!ってりょっけを誘って森を誘って、3年過ごして、ココニカカルのドラマーとして叩いてきて、沢山の人と出会って、みんなを演奏で驚かせたり、笑顔になってもらうことがとっても幸せでした。

本当に身勝手だと思っています。
それでも、自分自身で道を決めて歩きたかった。

3年間、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ba.りょっけ

11/7の企画イベントをもって、ココニカカルから脱退をする事となりました。
突然この様な発表になってしまい本当に申し訳ありません。

ナカツカルイが脱退する事が決まった後に、TATSUKIと話し合い決めた事です。

ココニカカルが始まってから3年間、沢山の場所や人の前で演奏してきました。
沢山の人の心に触れさせて貰いました。
それがかけがえのない今も色褪せない確かモノです。
しかし、バンドの中での自分はとても小さいモノで、でもそれは自分が勝手に作った小ささでした。
やれる事は沢山あった。
けどそれが出来なかった。
バンドに、メンバーに甘えきって裏切り続けていました。
自分でやる。と決めた事をやり切る事さえ出来なかった。
ナカツカルイが抜けた状態で、2人でココニカカルを続けていき向上させる事は本当に出来るのか。
ココニカカルとして表現したい事が本当に出来るのか。
その意思が、覚悟が、実力が、本当に自分にあるのか。
考え至った結論です。

応援して下さっている皆様、未完成ココニカカルの間も支えて下さった皆様、スタッフの皆様、バンド仲間の皆、関係者の皆様。
身勝手な事をしていると思っています。
本当に本当に申し訳ありません。

どこまでいっても勝手な結論です。
あと残り5回のライブを大切に大切に、精一杯バンドに、皆様に、向き合いたいと思っています。

最後になりますが、
3年間ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Vo.Gt TATSUKI

9/4の日を目前にした頃にルイから脱退の意思を聞きました。何とも言えない感情でしたが全く理解出来ない訳ではなかったのは、もう10年以上東京で時間を共にしてきたからかな、と。

個人的には彼とバンドで成功することが夢だったので、一つ消える感覚でしたが、思った以上にさっぱりと彼の夢を後押ししたいなと思えるようになりました。
不思議と。
バンドメンバーってより、同じバンドをたまたまやっている友達だったんやと思います。恨みつらみの話をするとアレですが、、、去り行くメンバーに少しの恨みも持たないで済んだのは初めてでした。

その後りょっけと今後について話しました。

以前、森壯太の脱退時にも話したことですが、メンバーが抜けてそこからまた立て直すには本当に並大抵以上の覚悟や質や想いが必要で、もしかしたら成功することよりこういう状況の時に守ることの方がいろんな要素が必要なんじゃねーかって思うくらい。
そんな中、「ココニカカル」ってバンドをやっぱり残したくて、その為にりょっけとの別離を決意しました。
これは理解してもらえないかもしれないですが、本当の意味で守るならって思っての決意です。

結論として、ココニカカルに残るのは僕1人です。

環境が年齢に追いつかなかった。

相応のものを僕が掴むこと、皆に掴ませてあげることができなかった。

僕自身、残すことと解散の間を何度も揺れたし、11月までまだ何度も揺れるかもしれません。
それ以降も約束できることが今はまだ正直一つもないです。

残す理由を今明確に言葉にするとしたら、ここまでのココニカカルとしての歩みや思い出を今、完全な過去にする勇気がなかった。
毎日感じるのは、植物状態の親の人工呼吸器を外すかどうかって仮定の話に似た感覚です。
Yesを言えばすぐに全てが終わる。回復の見込みが無く喋れなくても目が覚めなくてもいいから生きていて欲しい。
ただただ無くしたくないってそれだけなんです。

悔しさも申し訳なさも通り越した。
切ない。

バンドの解散やメンバーの脱退は何度も見てきたし、これからももっと見るだろうし、自分ももっと体験するかもしれません。

それでも色んな選択肢の中から音楽を選んでいく理由をずっと探していけたらなと思ってます。

3人それぞれの応援よろしくお願いしますとか、ココニカカルをこれからもよろしくお願いしますなんて全く思っていません。
今は何という言葉を皆さんに言うべきかわかりません。

ただただ、これからも自分が信じてきたもんを変わらず伝えること。
当たり前ですが、今はこんな当たり前のことだけ約束させてください。

 

 

 

 

 

2017.09.04@shibuya eggmanにて3周年イベントを開催決定。

 

9月〜11月の3カ月連続イベント開催。

 

詳しくは「Schedule」へ。

 

 

 

 

2017. 09. 04 UP!!

ココニカカル presents THE SOUND AROUND LAND Vol.16 - 1st ワンマンライブ-終演しました。

沢山の方々にご来場いただきまして、本当にありがとうございました。

 

 

 

2017. 1 . 26 UP!!

 

 

 

 

 

-------------------------------

 

 

 

【ご報告】

ココニカカルを支えてくださってる皆様へ

いつもご声援いただきありがとうございます。

この度、ご報告しなければならないことがあります。

 

2017年1月をもって、Vo.の森壯太が脱退することとなりました。

ここに至る経緯は、とても長い期間をかけ、積み重なってきた想いにあります。

各メンバーが同じ考えでこの結論を見出したわけではなく、

現段階でもそれぞれに別の想いがあり、今回の結論に至っております。

 

また、結論に至ったのは先月末に行われたライブ終演後。

早い段階でのご報告になったのは、隠した状態で一度もライブをしたくなかったからです。

各メンバーから、言葉を綴らせていただくと思います。

もしよろしければご覧になって頂きたい所存です。

 

また、現メンバーでのラストライブは1月に行われるワンマンライブになります。

詳細は改めてご報告させて頂きます。

笑顔にさせられるご報告ではなく、申し訳ありません。

 

ココニカカル一同

2016. 11. 01

 

----------------------------------------

ココニカカル presents [THE SOUND AROUND LAND Vol.15]2周年レコ発イベント終演しました。

 

ご来場いただきありがとうございました。

 

3年目もよろしくお願いいたします。

 

2016. 9. 5  UP!!

 

 

-------------------------------

eggmanフリーマガジン9月号に、9/4リリースの2nd Mini Album「ヒトミチ」のセルフライナーノーツが掲載されています。

 

毎月連載のコラムも掲載しております。

 

 

2016. 9. 1  UP!!

 

 

-------------------------------

ココニカカル presents [THE SOUND AROUND LAND Vol.11]-5th Singleリリースイベント終演しました。

 

ご来場いただきありがとうございました。

 

 

2016. 4. 29  UP!!

 

 

-------------------------------

eggmanフリーマガジン4月号に、4/28リリースの5th Single「ハッピー×バースデイ/ハルイロシンショク」のセルフライナーノーツが掲載されています。

 

毎月連載のコラムも掲載しております。

 

 

2016. 4. 1  UP!!

 

 

-------------------------------

ココニカカル presents [THE SOUND AROUND LAND Vol.8]-4th Singleリリースイベント東京編-終演しました。

 

ご来場いただきありがとうございました。

 

 

 

 

-------------------------------

eggmanフリーマガジン1月号に、1/19リリースの4th Single「僕がいるよ。/テヲトルヨヲニ」のセルフライナーノーツが掲載されています。

 

毎月連載のコラムも勿論掲載しております。

 

 

2016. 1. 1  UP!!

 

 

-------------------------------

Ofiicial Web Siteのトップが新アーティスト写真に変わりました。

プロフィール写真も新しくなっております。

 

 

2015. 12. 24  UP!!

 

 

-------------------------------

eggmanフリーマガジンにて連載中のココニカカルのコラム。

12月号発刊しております。
是非、お手にとってお楽しみください。

 

 

2015. 12. 02  UP!!

 

 

-------------------------------

eggmanフリーマガジンにて連載中のココニカカルのコラム。

11月号発刊しております。
是非、お手にとってお楽しみください。

 

 

2015. 11. 01  UP!!

 

 

-------------------------------

今月発行のeggmanフリーマガジンにて、ココニカカルの連載コラムがスタートしました。

是非、お手にとってお楽しみください。

 

※全国のタワーレコード(一部除く)やライブハウス、スタジオ中心に全都道府県で無料配布されています。

 

 

2015. 10. 03  UP!!

 

 

-------------------------------

1st mini album「心心にイマス。」リリースイベント@渋谷WWW終了しました。

 

沢山のご来場ありがとうございました。

 

 

2015. 09. 04  UP!!

 

 

-------------------------------

eggmanマンスリーマガジン9月号に、ココニカカルの1st mini album「心心にイマス。」のセルフライナーノーツが掲載されました。

 

 

2015. 8. 31  UP!!

 

 

-------------------------------

1st mini album「心心にイマス。」より「no one helps feat.MYEONG-JUN」のPV公開。

https://www.youtube.com/watch?v=VM7c1vjQWBQ

2015. 8. 16  UP!!

 

 

-------------------------------

Disc & Goddsコンテンツに、1st mini albumの詳細アップしました。

 

 

2015. 8. 15  UP!!

 

 

-------------------------------

3rd Single「キオクボシ/ヨワイ」から「キオクボシ」のPVが公開されました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8IZupuj87Hg

 

2015. 5.22.  UP!!

 

 

-------------------------------

5月8日よりココニカカルの3枚のシングルの全国流通が開始しました。

各地の皆様、是非手に取って聴いてください。

 

1st Single「独白/Walk」COSG-0001

2nd Single「生きてる/ウェアイズ桃源郷」COSG-0002

3rd Single「キオクボシ/ヨワイ」COSG-0003

 

2015. 5.8.  UP!!

 

 

-------------------------------

フリーペーパー「eggman」5月号に

ココニカカル 3rd Single 「キオクボシ/ヨワイ」の

ディスクレビューを載せていただいてます。

表紙はMAN WITH A MISSION×Zeabraheadです。

 

2015. 5.1. UP!!

 

 

-------------------------------

3rd Single 「キオクボシ/ヨワイ」リリースイベント@TSUTAYA O-WEST終了しました。

ご来場ありがとうございました。

全国リリースは5月8日より。

 

2015. 4.28. UP!!

 

 

-------------------------------